プロのネイリストになるにはネイル検定が必須

レディ
  1. ホーム
  2. 洋服について知る

洋服について知る

ファッションアイテム

基礎からしっかりと

ファッション業界に就職をしたいと考えているなら、専門学校に通う事をお勧めします。なぜなら今一線で活躍しているファッションデザイナーや、スタイリストの多くの人がファッションの専門学校を卒業しているからです。このファッション専門学校では、基礎から洋服について学べますし、その後専門的なコースに分かれて勉強します。一般的には2年制か3年制の専門学校が多いですが、なかには4年制の専門学校もあります。さらに4年制の専門学校の中には、大学卒業と同じ資格を得れる学校もあるのです。この資格があると、大学院に進む道も選択できます。まずは学校でどのようなことを学べるのか、学校によっての違いは何なのかを知ったうえで、学校を選ぶべきです。

どのコースも

学校によってのカリキュラムの名前は違いますが、共通しているのは、1年次は基礎を学んでいきます。まずは基本のデッサンやイラストと言ったベースの部分の内容を学びます。その上でトレンドの理解や、色彩表現する際の注意点や、プリントの規格を学んでいきます。その後総合してデザインを展開していくというのが基本の流れです。これらデザインの基礎と同じようにパターン(縫製)の基礎も学びます。具体的には、立体造形入門から始まり、実際にスカートやシャツなどの作品を制作していきます。このようにファッション専門学校では、1年次にデザインと縫製の基礎を学ぶのです。これはほとんどの学校が同じで、2年次からメンズやレディースに分かれていくのが一般的です。